社会福祉法人おひさまと月の里 あかね保育所

あかね保育所は、辺り一面、田園風景に囲まれ、自然に触れることができる良い環境にあります。その中で子どもたちは、のびのびと遊びながら、元気な身体と心を育んでいます。
また、地域との交流を大事にしており、近隣の方々を招待して一緒に活動したり、遊びながら定期的に交流を深めています。

保育基本方針

児童は、本来、家庭で正しい愛情と知識と技術をもって育てられるのが最も理想である。
しかし、保護者の労働や疾患により、家庭で十分な保育ができない(保育に欠ける)場合に、日々保護者の委託を受けて、養育するところが保育所である。保育所は、乳幼児が生涯にわたる身体的、精神的、社会的発達の基礎を培う極めて重要な時期に生活時間の大半を過ごすところであるため、家庭や地域社会と十分な連携をとって、安定した環境の中で十分に自己を発揮できるようにし、養護と教育の一体性を基調としつつ、児童の健全な発達を図る。また、多賀城市の新しい時代に向けた「活気とふれあいのあるまち史都多賀城」に相応わしい子どもに育つことを目指す。

保育目標

明るく元気でいきいきした子ども・やさしく思いやりのある子ども・しっかりあいさつのできる子ども

所長ご挨拶

今日、子育てを取り巻く環境は益々複雑になってきております。
少子化の進行や地域の子育て力の低下は子育て中の保護者に「孤立感」や「不安感」を招いています。
また、女性の労働の場が広がるにつれ、その働き方も多様化し、様々な保育のメニューが必要な時代になっております。
私共は、多賀城市あかね保育所を平成23年4月1日~多賀城市より経営譲渡され民設民営の保育所としてスタートしました。昭和51年4月1日開設の歴史ある保育所ですので、継続性を持ちつつ、尚地域に愛される信頼のある施設として平成23年3月に約半年に渡り宮城県社会福祉協議会より第三者評価を受診し評価を頂きました。改善するところは即断・即決の精神で改善し、多くの児童を預かるという社会的責任と保育の公共性の確保という理念のもと「まごころと思いやり」を社是とし、地域ナンバーワンの保育所づくりに推進して参ります。

社会福祉法人 おひさまと月の里
理事長 あかね保育所 所長
中鉢 義徳

保育施設の環境について

園舎・園庭平面図

概要

[事業所名]
あかね保育所
[サービス種別]
認可保育所

[設置主体]
社会福祉法人 おひさまと月の里
[運営主体]
社会福祉法人 おひさまと月の里

[所在地]
宮城県多賀城市新田字下207
[TEL]
022-368-9154
[FAX]
022-368-9154

[開設年月日]
平成23年4月1日
[利用定員]
90人

[施設の規模]
(1)敷地面積
2,048.0㎡
(2)建築面積
629,35㎡
(3)構造
鉄骨亜鉛メッキ銅板 平屋建

[対象年齢]
生後2カ月〜就学前まで(障害児保育有り)
※ただし、医療機関で2カ月健診を受診した後の入所となります。

[利用時間]
(1)通常保育時間
月~金曜日 AM7:00~PM6:00 
土曜日 AM7:00~PM6:00
標準時間保育(11時間) 月~金曜日 AM7:00~PM6:00
短時間保育 (8時間) 月~金曜日 AM9:00~PM5:00
(2)延長保育時間
利用時間 午後6:00~午後7:00 
利用料金 有料
※備考…申請が必要です。定員15名程度です。 
※土曜日は夕方の延長保育はありません。
(3)休日
日曜日・祝日・年末年始 12月29日~1月3日

[給食について]
調乳、離乳食、食物アレルギー除去食等に対応しています。
3歳児4歳児5歳児は令和元年10月1日より、幼児教育・保育の無償化に伴い、副食費月4,500円と納入して頂きます。

[周辺の環境]
保育所は、市役所を中心に西に位置し、国道455号線、JR東北本線(山王駅―岩切駅)の沿線にあり、保育所の周り一面は田園風景に囲まれた閉静をである。又、西部児童センター・山王小学校・馬小屋などが隣接しており教育・自然に恵まれた環境である。

その他保育サービス

★地域との交流

お花や野菜を植えましょう会、収穫祭、お正月あそび等では、地域の老人クラブの方々を招待して一緒に活動したり、食事をしたり、遊んだりしながら定期的に交流を深めています。
お正月あそびでは、お手玉やこま、けん玉等を披露して頂き、一緒に昔遊びを楽しみます。
又、年長児が年に2回、近くの特別養護老人ホームに訪問し、行事等を通して地域の方々との交流を大切にしています。

★食育

あかね保育所では、保育所敷地内と園舎前に畑があり、トマトやキュウリ、ジャガイモ、サツマイモなどいろいろな野菜を育てています。
収穫した野菜は、給食や自分たちでクッキングをして食べています。野菜が苦手な子も自分たちで育てた野菜には苦手なものを好きにしてくれる不思議なパワーがあるんですね。好き嫌いが多い子もいますが様々な経験を通して、「楽しく」「意欲的に」食への興味が持てるよう日々工夫しながら取り組んでおります。

1日のプログラム

年間行事

毎月行事
●誕生会 ●避難訓練
その他
●個別懇談会(年2回) ●交通教室(年3回) ●内科検診、歯科検診 ●食育  他

アクセス